お知らせ

お知らせ詳細

2017年9月27日

開館100周年記念キックオフイベント 
大阪市中央公会堂 開館100周年記念プレシンポジウム

大阪市中央公会堂は、2018年11月17日に開館100周年を迎えます。

これに先立ち、大阪市及び大阪市中央公会堂指定管理者サントリーパブリシティサービスグループは、2017年11月17日(金)大阪市中央公会堂にて記念事業のキックオフイベントとしてプレシンポジウムを開催します。

【事前申込制 先着300名様】
■内容
<第1部>咲くやこの花コレクション 講談「岩本栄之助物語」
大阪市中央公会堂創設の立役者となった岩本栄之助氏の生涯と大阪市中央公会堂の建設にまつわるエピソードなどを上方講談師の旭堂南海氏が語ります。

<第2部>中央公会堂の魅力と活用に関するトークセッション
100年の歴史を振り返りつつ、建築、観光、芸術など、多角的に「今、そしてこれからの中央公会堂」について話し合います。
◎コーディネーター
 橋爪 紳也氏(大阪府立大学大学院経済学研究科教授/大阪府立大学観光産業戦略研究所所長)
◎スピーカー
 植田 紳爾氏(社団法人日本演劇協会会長/宝塚歌劇団特別顧問)
 篠原 賢太郎氏(関西ウォーカー編集長)
 斉藤 雪乃氏(タレント)

※「咲くやこの花コレクション」とは
大阪市は昭和58年度から、将来の大阪文化を担うべき若手芸術家に対し「咲くやこの花賞」を贈呈しています。「美術」「音楽」「演劇・舞踊」「大衆芸能」「文芸その他」の5部門におけるこれまでの受賞者は170組となり、その多くの受賞者が日本国内、そして海外でも活躍されています。この賞への理解を深めていただくとともに、大阪の貴重な人的財産である「咲くやこの花賞」受賞者の発表の場として、年に数回「咲くやこの花コレクション」を開催しています。本作品は事業の一環として、平成9年度受賞者である旭堂南海氏が平成22年に創作した作品です。
   

■申込方法
次のいずれかの方法でお申し込みください。
(1)下記の『WEB申込みフォーム:「大阪市中央公会堂 開館100周年記念プレシンポジウム」』より申込み
(2)往復はがき【2017年10月31日(火)必着】
  代表者氏名、代表者住所、代表者電話番号、同行者氏名(3名まで)を明記の上投函

■定員
300名
応募者多数の場合は先着順とし、(1)の場合はメールで、(2)の場合ははがきの返信にて参加の可否についてご連絡をいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
同日開催 «特別公開»
「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2017」に参加します。
 特別室、大・中・小集会室を自由にご見学ください。
【無料】15:30-21:30(最終入場20:00)
 ※ただし中集会室はプレシンポジウム会場となるため、17:00以降はご見学いただけません。
---------------------------------------------------------------------------------------------------